正しい位置に戻す

電動ブラシ

最新の矯正治療システム

歯並び、出っ歯や受け口、乱杭歯などの不正咬合を歯科クリニックで治療して正しくすることを歯列矯正と言います。矯正は長期間歯に金属ブランケットという矯正器具をつけて行うのが普通でした。今でも金属ブランケット矯正は行われていますが、時代の進化と共に新しい矯正システムが矯正歯科で誕生しています。 歯の裏側から治療をする裏側矯正は、矯正していることが分からないのでこっそり矯正したい人に最適です。インプラント矯正は矯正用インプラントを一時的に骨に埋め込み、そこを支点にして歯を希望の位置に動かしていく矯正システムです。マウスピースで行うマウスピース矯正もあります。 新しい矯正装置はどれも審美性が高く、短期間で治療が終わるようになってきています。

矯正をするときに気をつけること

矯正治療は一人ではなく医師と二人三脚でするものです。最初に立てた矯正スケジュール通りに計画的に歯列矯正を終わらせるためには、2週間〜6週間に一回ほどのペースで定期的に歯科クリニックに通って診察やクリーニングを受ける必要があります。途中でさぼったりしないように、通院しやすい歯科クリニックを選ぶことをお勧めします。 歯の矯正している時に虫歯になると虫歯治療をしなければならなくなります。そうすると矯正が終わるまでの期間が伸びてしまいます。そうならないために、食事を食べたあとは毎回しっかり歯磨きをすることが大切です。矯正装置の隅々まで届くように丁寧にブラッシングして食べ物のカスが残らないように気を付けることです。