専門家がいる

歯ブラシ

「子供の歯」の専門医とは

子供を「小児歯科」へ連れて行く時、多くの方が「小児歯科」の看板を頼りに歯科医へ足を運ぶのではないでしょうか。歯科医院の中には、数多くの診療科目を掲げているところもあります。一般歯科から小児歯科等、幅広い治療内容を行ないます。しかしこれらの看板を掲げていても、専門医かどうかは分かりません。特に子供の歯の治療は、大人のケースと異なります。乳歯や永久歯等、年齢によって治療内容が異なります。そのため、専門の歯科医で治療を受けるのが望ましと言えるのです。小児科があるように、歯科の現場にも「小児歯科専門医」と言う制度があります。子供の歯の治療の専門家であり、あらゆる子供の歯のトラブルを改善します。小児歯科を選ぶ際には、この専門医制度の存在も考慮するのが良いでしょう。

予防管理としての「小児歯科」

「虫歯のない状態を維持したい」と考える家庭が増え、早い段階から予防治療に取り組む子供が増えてきました。オーラルケアの意識が高まり、家庭でも積極的に歯の健康維持が行なわれるようになっています。この予防治療の1つとして、小児歯科への定期検診があります。毎日のケアと定期的な検診を行なうことで、子供の歯を健康に保つことが出来るのです。定期検査を受けにいく時、虫歯の予防管理を行なっている小児歯科を探すことが必要です。「予防歯科」と診療科目に掲げていても、歯科医院によって内容は異なります。虫歯のリスク管理を行なう歯科医を探す必要があります。受診前に、虫歯のリスク管理を行なっているのか否かを確認することが望ましいのです。